後遺症とは

交通事故にあって怪我をした場合、治療をしても事故前の状態に完全に戻れるとは限らないのです。
このように、治療を受けても完治せずに、身体的、または肉体的に症状が残ってしまうことを後遺症をいいます。
後遺症が残ってしまった場合には、体が完治しなくても、せめてそれに見合った金額の示談金を支払って欲しいと思うものです。
しかし、後遺症が残っていたとしても、慰謝料などの示談金は自分が欲しいと思った金額を請求するわけではないのです。
後遺症の内容、社会復帰のできる度合いによって、示談金の金額は決まっていきます。
そこで、示談金をきちんと得るためには請求方法や後遺症の障害の内容などをきちんと知っておくべきことがあるのです。

後遺症が残ってしまうと、事故前と同じ生活はできません。
そのため、仕事をすることもできなくなったり、趣味の時間がとれなくなったり、場合によっては植物状態で生活をすることもあります。
高額な手術を受けても事故前の体に戻るかはわかりません。
しかし、お金がなければ治療を受けることもできません。
そこで、示談金を受け取ることは当然の権利であり、きちんと障害に見合った示談金を請求すべきなのです。
そこで、ここでは後遺症が残った場合、被害者本人やその家族は慰謝料を受け取るまでにどのようなことを行えば良いのか、慰謝料を受け取るために必要な後遺障害等級、慰謝料を受け取るまでの手続きの流れについても紹介していきます。